診断する

一戸建てやマンションを購入する際には、住宅ローンを利用して購入します。
銀行や保険会社などでも融資してくれる民間融資だけでなく、市町村の行政でも公的融資や協調融資として不動産の購入を推進しています。
金融機関に融資の申し込みをして、契約する際に金利のタイプを選ぶことになります。
一般的には3つあり固定期間型、変動金利型、固定期間選択型があります。
どれを選択するかですが、現在の日本の経済状況であれば固定金利型がいいとされています。
固定金利型は、変動金利と比べると契約開始当初の返済金額は固定金利型のほうが返済金額が多いのですが、今後市場金利が上昇したとしても返済金額が増額することはなく、一定ですので返済計画が立てやすいです。

住宅ローンの返済は、長期間に及びます。
返済期間が長いのでその分利息もかかってきます。
長くなるのであれば最初から返済期間を短くすればいいということになりますが、それであると毎月の住宅ローンの返済金額は高くなってしまいます。
少しでも将来発生する利息を軽減するのであれば、ボーナス返済や繰り上げ返済をすることです。
これらを行うことによって、返済期間が短くなりますし、支払う利息の金額を軽減することができます。
また他の金融機関から住宅ローンの借り換えを検討してみることです。
より金利の低い金融機関から融資を受けることができれば、本来支払うはずだった利息よりもさらに支払う利息の金額を軽減させることができます。