任意売却ができる

住宅ローンを契約する際に、頭を悩ませるのが金利の選択です。
固定金利は一定期間、金利が固定されている反面、金利が高めに設定されているのが特徴です。
それに対して変動金利は、金利の設定が固定金利より低いかわりに、市場の動向により金利が変動します。
低金利になれば割安になりますが、市場の金利が上昇すれば住宅ローンの支払総額が膨らむというデメリットもあります。
これら二つのタイプにはメリットもデメリットも存在します。
ですから損得よりも個人の価値観で選択するように心がけたほうが無難です。
支払額を固定して安定した返済計画を作りたい人は固定金利、リスクをとってでも良い条件で借り入れたい人は変動金利を選択すればいいでしょう。

現在の住宅ローン金利はかなり低い水準にあります。
世界的に見ても金利は低下傾向にあるため、この状況はしばらく続くと思われます。
ただこれだけ低い金利水準にあるにもかかわらず、日本の金融機関における住宅ローンの契約数は伸びていません。
これは景気の動向に不安があることはもちろん、少子化や人口減なども影響を与えています。
また近年は他業種からの参入やネット専業銀行の登場など、金融機関を取り巻く環境は激しさを増しています。
金融機関は顧客を引き入れるためのサービスの充実にも力を入れており、金利にもそれは反映されています。
もちろん日本の財政に関するリスクによる金利上昇懸念は考慮しなければいけませんが、基本的に利用者にとって有利な状況にあるといえるでしょう。